Jazz大好きっ!ヽ(^o^)丿…な rodriguez。 Jazz評論家みたく小難しいウンチクはなし(笑)とうとうサックスも始めちゃった!楽しきゃOKでいっ!
プロフィール

Rodriguez

Author:Rodriguez
誰でもいつかはノレる!
いざ!Take the J train !
ヽ(^o^)丿

☆星占い☆
最近の記事
カテゴリー
月別アーカイブ
ブログ内検索
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる


スポンサーサイト

...--/--/-- --:--...

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。



スポンサー広告 | TRACKBACK(-) | COMMENT(-) |



流麗なアルトと不条理と…

...2006/03/24 00:21...

♪オール・ザ・シングス・ユー・アー/ソニー・クリス♪
<< J列車 14駅目~♪ >>

ども~(^O^)/ Rodriguez です~

前回の 【ザ・サイドワインダー】 はいかがでしたか?(*^-^)

それでは今日もまた

「1枚引っぱりだしてみましょう♪」(^O^)


ゴソゴソ…


あ゛…あった…あった…(^-^)

【アウト・オブ・ノーホエア/ソニー・クリス】
【アウト・オブ・ノーホエア/ソニー・クリス】

♪オール・ザ・シングス・ユー・アー/ソニー・クリス♪




絶対に 「女」 なのだ!(▼、▼メ)


99%、いや300%と言ったってかまやしない。



え゛?何が?って、、、

アルト・サックス奏者ソニー・クリス
このアルバムを吹き込んだ2年後
1977年12月。


「拳銃自殺」


でこの世を去っているのだ。



しかし、まさにその日
彼は日本への招聘の為にロスへ出かけてきた
日本人のブッカーと会い


いつもいきつけの酒場で初来日が決定した事に
大いにはしゃぎ


自分の近作のLPに合わせてアルトを
店中歩き回りながら吹きまくった
のだそうだ。


だから正直言って、いつもさえない「冷飯ぐらい」の
「アル中サックスおやぢ」が酔ってはしゃいでる

くらいにしか見えなかったのではないだろうか。



巷ではまさにクロスオーバー(フュージョンの当時の呼称ね)全盛でありながら、意固地なまでに彼はチャーリー・パーカー・スタイルのアルトを吹き続けていた。


酒場の親父は日本人のブッカーを、クリスが無理矢理
酒場に連れて来るまで、彼の訪日の話を信じてなかった
そうだ。



そんなクリスだが、現地での扱いとは裏腹に彼の吹くアルトは
この晩年の方が実に素晴らしい
のだ。





初来日が遂に決まり、まさに


「我が世の春」


が来たかのごとくはしゃぎまわっていた彼が、

そのわずか3時間後、ロスの黒人街の一室で「自殺」した。



あろうことか「拳銃自殺」なのに



自分の「腹を撃って」だ。



どこの世界に自殺しようとするヤツが自分の腹を撃つ?



ありえない。

絶対にありえない。





ロスで、黒人で、酒臭い親父が死んでいる…


ああ、、そうだよ。アメリカって国は...。

警察だって黒人なんかの面倒なことには頭突っ込んできたりしないんだよ。

だから「自殺だ」の一言で何も調べずに片づけちまったに違いないんだ。

そんな場所なんだよ。



彼の母親は「女にきまってるよ!」と泣き叫んでいたそうだ。



「他殺」

に決まっているぢゃないか!





この♪オール・ザ・シングス・ユー・アー♪という曲は、それこそ星の数ほど沢山のミュージシャンが演奏している曲だ。


でもその中にあってさえ、ここでの彼の演奏は素晴らしい



別に奇をてらったような吹き方は一切していないのに、
実に流麗かつイマジネーション豊かです。


完全に曲とアルトを自分のモノにしている。そんな感じさえする。


「他殺」でありながら「自殺」もしくは「変死」で片づけられてしまう...。


真相はまさに「闇の中」…。

と、言うよりも誰もその事に深い関心を示してすらくれない…


そんな逝き方もなぜか物凄く「Jazzメンらしい」と思えてしまうのはRodriguezだけだろうか?








さてさて次は何を聴こうかな?っとヾ(@~▽~@)ノ



それではみなさん!ご一緒に!

1番最初の「A列車」ばっかり乗らなくたって、乗り遅れたって…

何台乗り過ごしたって…

 ノレればOK!

 楽しきゃOK! の・・・



【J列車で行きましょう!】


 
では!マタネッ(^ー^)ノ~~Bye-Bye!

Take the "J" train !!!




by Rodriguez





「これ…聴いてみようかな…」と思ったら、クリック願います。
↑クリックするだけで人気blogランキングに投票完了です♪



スポンサーサイト




白と黒のエクスタシー!

...2006/03/20 15:19...

♪ザ・サイドワインダー/リー・モーガン♪
<< J列車 13駅目~♪ >>

ども~(^O^)/ Rodriguez です~

前回の 【ソロ・スコープ】 はいかがでしたか?(*^-^)

それでは今日もまた

「1枚引っぱりだしてみましょう♪」(^O^)


ゴソゴソ…


あ゛…あった…あった…(^-^)

【ザ・サイドワインダー/リー・モーガン】
【ザ・サイドワインダー/リー・モーガン】

♪ザ・サイドワインダー/リー・モーガン♪

見よ!このジャケットのカッコよさ!(o^∇^o)ノ



いたってシンプルなデザインレイアウトながらも
インパクト大!


ワザと大きく下1/3を白無地にしている大胆さがイイっ!



これぞまさに…



白と黒エクスタシー!

  (´▽`)

       ↑
哀川翔の【ゼブラーマン】かお前は…




アルバムタイトルにもなっているこの♪ザ・サイドワインダー♪

ジャケットに勝るとも劣らずメチャ格好良いノリノリの曲です。


「ジャズロック」というコトバが昔あったのですが…
(もはや死語)
それはこのアルバムで生まれたようなものなんですね。



この♪ザ・サイドワインダー♪
ヲイラには「ジャズロック」つーよりは
「ファンキージャズ」って言う方がピッタリくるような気がします。

そんなコトバはたぶんないけどね(笑)




ちなみに「サイドワインダー」とは「ガラガラヘビ」のこと。

でもモーガンはこの曲をTVなんかに出てくる
「悪漢のイメージ」で作った。そうな。




昔々ジャズ喫茶でバイトしていた当時のヲイラ、
いったい何度リクエストでこのアルバムをターンテーブルの上に乗っけたことか。。。o(゜^ ゜)


一時期はあんまりにも頻繁にかかるので
耳にでっかいタコができるくらいでしたよ。


でも…今になって久しぶりにこの
ストップタイムを使う、ノリの抜群な曲調と、
リー・モーガンの

元気ハツラツ!(オロナミンかよ!)

タウリン1000mg配合!
(リポDかよ!)

みたく白黒コントラストを強調したかのような
メリハリの明快なトランペットを聴くと、
再び当時の熱ぅ~いノリが蘇ってきます。




新進気鋭!日の出の勢い!だった
当時25歳のリー・モーガン
モテまくってたらしいですよ。


で、モーガン33歳の時、NYのクラブに出演中、
休憩時に14歳年上の姉さんニョーボが彼をパンッ!

天才トランペッターと言われていた彼は昇天です…(^-人-^)



動機はやっぱり「女性関係のもつれ」の模様。

昔の Jazzメンが逝ってしまう原因の中でクスリオンナ

これほど多いものはなかっただろう。
それほどゴロゴロあちこちに似たような話が転がっているのだ。
(交通事故も多い)


本人からしたら不本意だろうが、
これぞかつての Jazzメンの幕引きとして王道なのかも知れない(・Θ・;)…

若くして逝った天才

という「伝説」

が皮肉にもそこから生まれ、未だにそれが語り草となって生き続けている。



♪ザ・サイドワインダー♪を吹いた直後のリー・モーガンはきっと…


白黒つけたぜ!」

(まだゼブラーマンでひっぱるか…(^^;))



と、いうような爽快なカオを見せてくれていたんだろうね。



最後はニョーボに白黒つけられちゃったワケですけど。





P.S.
江頭2:50がこないだ「ハッスル」の試合前に流れるビデオの中でハイテンションにこう言っていた。


「いいか!お前ら!


1クールのレギュラーより、


1回の伝説だっ!」


(エガちゃんの残してる「伝説」はかなりヤバイ系ですが…(;^_^A…)



・・・・・ある意味・・・・・



「けだし名言」


である…ミ(ο_ _)ο…







さてさて次は何を聴こうかな?っとヾ(@~▽~@)ノ



それではみなさん!ご一緒に!

1番最初の「A列車」ばっかり乗らなくたって、乗り遅れたって…

何台乗り過ごしたって…

 ノレればOK!

 楽しきゃOK! の・・・



【J列車で行きましょう!】


 
では!マタネッ(^ー^)ノ~~Bye-Bye!

Take the "J" train !!!



by Rodriguez





「これ…聴いてみようかな…」と思ったら、クリック願います。
↑クリックするだけで人気blogランキングに投票完了です♪

  





前人未到!のテナーソロに脱帽ぉ!

...2006/03/19 00:55...

♪ソロスコープ/ソニー・ロリンズ♪
<< J列車 12駅目~♪ >>

ども~(^O^)/ Rodriguez です~

前回の 【アイ・オブ・ザ・ハリケーン】 はいかがでしたか?(*^-^)

それでは今日もまた

「1枚引っぱりだしてみましょう♪」(^O^)


ゴソゴソ…


あ゛…あった…あった…(^-^)

【ザ・ソロアルバム/ソニー・ロリンズ】
【ザ・ソロアルバム/ソニー・ロリンズ】

♪ソロ・スコープ/ソニー・ロリンズ♪

時は1985年7月19日。ニューヨーク近代美術館。

その中庭で行われた、なんと56分間にも及ぶ、
ソニー・ロリンズ無伴奏ソロアクトを収録したのが本作なのです。



通常のJazzのライブならば、
タマに1曲とかワンホーンのみでのソロがある。


んがっ!
これはハナからテナーサックスを抱えたソニー・ロリンズの他にはメンバーは誰1人いないのだ!


そう、


正真正銘の「ソロ」


なのだ!



テナーサックス1本による56分のソロインプロヴィゼイションというのは、かつてなかったのではないだろうか?


ピアノやギターとは訳が違う。



聴衆も最初のうちは、ロリンズのテナーから繰り出されるフリージャズとも言える咆哮に息を飲んでいる。。。


いや、むしろどう反応して良いのか戸惑っているんだと思う。



ところが、段々と激しいロリンズのブロウの随所に耳なじみのあるフレーズが、、、歌心が顔を出し始める。


ざわめき始める聴衆。そして歓声!



ロリンズの過去から現在に至るまでの姿が、彼のテナーを通して、まるで走馬燈のように、音のカレイドスコープのように現出する。



素晴らしいっ!

\(^O^)/




普通だったら聴く方だってテナーサックスの1時間近くのソロだなんて、辛くなって聴けない筈だ。



ところが、このロリンズのソロを聴いてしまうと、

「よほどのバックがつかないことには彼にはやり合えないんだ。」


「いやむしろ邪魔なのかも知れない。。。」



と唸ってしまった。




ソニー・ロリンズ。

やはりこの人は前人未踏の地を行く、孤高の巨人だ。


でも彼は歌心を常に忘れない。聴衆を置き去りにしない。


そんなところが最高に好きだなぁ~(^・^)


普通ヒトに薦めるソニー・ロリンズのアルバムは?

と聞かれて、このアルバムを出してくる人は少ないと思う。

大抵は【サキソフォン・コロッサス】でしょう。

勿論、このサキコロ。名盤中の名盤!です。


でもサキコロからずぅぅぅっと後に吹き込まれたこのソロライブ。

ヲイラが何度も何度も聴きたくなるのは、なぜかこのソロアクトの方なんですよ~(^_-)-☆






さてさて次は何を聴こうかな?っとヾ(@~▽~@)ノ



それではみなさん!ご一緒に!

1番最初の「A列車」ばっかり乗らなくたって、乗り遅れたって…

何台乗り過ごしたって…

 ノレればOK!

 楽しきゃOK! の・・・



【J列車で行きましょう!】


 
では!マタネッ(^ー^)ノ~~Bye-Bye!

Take the "J" train !!!



by Rodriguez





「これ…聴いてみようかな…」と思ったら、クリック願います。
↑クリックするだけで人気blogランキングに投票完了です♪







熱狂の坩堝(るつぼ)は田コロにあり!

...2006/03/17 02:35...

♪アイ・オブ・ザ・ハリケーン/V.S.O.P.クインテット♪
<< J列車 11駅目~♪ >>

ども~(^O^)/ Rodriguez です~

前回の 【ラヴァーマン】 はいかがでしたか?(*^-^)

それでは今日もまた

「1枚引っぱりだしてみましょう♪」(^O^)


ゴソゴソ…


あ゛…あった…あった…(^-^)

【熱狂のコロシアム/V.S.O.P.クインテット Live in Japan】
【熱狂のコロシアム/V.S.O.P.クインテット・ライブ・イン・ジャパン】

♪アイ・オブ・ザ・ハリケーン/V.S.O.P.クインテット♪

今から29年前の1977年7月23日
当時、東急東横線・田園調布駅のすぐそばにあった、
「田園コロシアム」で昼夜2回行われたV.S.O.P.クインテット初来日時のLive録音です。

このV.S.O.P.クインテット。

ほんとはニューポート・ジャズ・フェスティバル'76で、
ハービー・ハンコックがかつてのリーダー、マイルス・デイヴィスを加えたクインテットで行うハズだった企画でした。

でもマイルスが体調不良で出られなくなったため、
トランペットをハービー達と同期、新主流派仲間のフレディ・ハバードに変えて、一夜限りのセッションだったハズでした。

だから【Very Special Onetime Performance】なんだよね。


ところがこれが物凄い人気!

だから全米ツァーに加え、日本では初開催となった、
連日アーティストを変えて行われる野外ライブイベント
【Live Under The Sky】の目玉!として来日することになったんです。




この7/23はとぉぉぉっても暑ぅぅぅ~い日でありました。


やけに詳しい?

そーなんです!o(`⌒´*)o

実はヲイラ、この日の「夜の部」の中にいる


「観客の1人」


なんです\(^o^)/


それもジャズのライブを聴きに行ったのはこの時が
「生まれて初めて」なの。

昼間から田園コロシアムの外にズラ~~~っと
夜の部の自由席組が行列してました。

はい。ヲイラも昼間から並んでましたよ~!(^^)


田コロの外では、しっかりと昼の部での演奏と観客の熱狂が聴こえてきてました。
いやがおうにも期待と興奮がこみあげて、コーラ何本もガブ飲みしてました(^^;)

正直、あまりの暑さに歩道にヘタレ込んでました(^^;)



【熱狂のコロシアム/V.S.O.P.クインテット・ライブ・イン・ジャパン】

LP【熱狂のコロシアム】:ジャケット内側♪


【熱狂のコロシアム/V.S.O.P.クインテット・ライブ・イン・ジャパン】

LP【熱狂のコロシアム】:ジャケット内側と当日のチケット♪


【熱狂のコロシアム/V.S.O.P.クインテット・ライブ・イン・ジャパン】

当日のチケット:【Live Under the Sky '77(自由席)】


開場になり、生まれて初めての野外ジャズライブが始まりました!


いよいよ1曲目。

それが今回の曲。

♪アイ・オブ・ザ・ハリケーン♪でした!\(^o^)/


ニューポートでのV.S.O.P.クインテットの演奏はLPになっていましたので、既にヲイラも何度も、何度も聴いていました。

そこで演奏されている曲も、この曲だったので、最初のフレーズが放たれた瞬間!

ヲイラ…いや田コロの聴衆全員が…もう。


出来上がってました!


♪\(≧∇≦)/\(≧∇≦)/♪




なんつーてもこの曲。

のっけのツカミとしてメチャ格好良いのだっ!!!(^^)b


ハイスピードでバリバリ展開していくフレディ・ハバード
パワフルなペット!

いつもは内静的とでもいうようなウエイン・ショーターのサックスが、その色をしっかり感じさせながらもゴリっ!とブロウする!

ジャズドラムとしては特異な程、バスドラをドスドスドスっ!
と多用して競演のミュージシャンも、聴衆も鼓舞するトニー・ウィリアムス

でっかい身体と長い指から弾き出す弾力性抜群!
ロン・カーターのベース。

んで!
リーダーであるハービー・ハンコックの縦横無尽な
ピアノプレイ!
共演者の仕掛けに「がっぷり四つ」で組んだり、組む。と見せかけて、いなしたり。(お相撲かよ)

その技巧は見事なり~♪



聴いてるこっちは、


興奮・興奮・また・興奮っ!



絶叫!絶叫!また絶叫ぉっ!




ほんとに


「あっ」


という間の2時間ちょいでした!




以後、真夏の野外ライブと言えば、

田コロの【Live Under The Sky】

と、ヲイラはハマりまくりました。


ビール飲めるわ、タバコも吸えるわ、リラックスムード全開だわ!

ライブはこうでなくっちゃ!!!

って今でも思います。


田園コロシアムが無くなってからは、
【Live Under The Sky】【よみうりランドEAST】で行われてましたが、ヲイラにとってやっぱライブの原点は田コロなんだよね~






あ゛~そう言えば…

田園コロシアムでアントニオ猪木の新日本プロレスが興行やった時も見に行きました~(笑)

初めて新日本プロレスに、国際プロレスが崩壊して移籍してきたラッシャー木村さん率いる国際軍団(アニマル浜口さん、寺西勇さん)が出てきてラッシャーさんがマイクで挨拶したのもここです。


悪役の役回りみたいなことで出て来たはずなんですが、
マジメなラッシャーさん。

威勢よく毒づいたタンカ切るもんだとみんな固唾を呑んでたら…


「こんばんは。

ラッシャー木村です。m(__)m」




田コロにいた聴衆はみ~んな


「ズルっ(。_゜)〃ドテッ!」


ってなったのを覚えてます~(笑)


引退しちゃったラッシャーさんのマイクパフォーマンスの原点もココ。
田園コロシアムにあるんだよ~♪






さてさて次は何を聴こうかな?っとヾ(@~▽~@)ノ



それではみなさん!ご一緒に!

1番最初の「A列車」ばっかり乗らなくたって、乗り遅れたって…

何台乗り過ごしたって…

 ノレればOK!

 楽しきゃOK! の・・・



【J列車で行きましょう!】


 
では!マタネッ(^ー^)ノ~~Bye-Bye!

Take the "J" train !!!



by Rodriguez





「これ…聴いてみようかな…」と思ったら、クリック願います。
↑クリックするだけで人気blogランキングに投票完了です♪







泥酔・酩酊・禁断症状のブロウ!

...2006/03/14 23:29...

♪ラヴァーマン/チャーリー・パーカー♪
<< J列車 10駅目~♪ >>

ども~(^O^)/ Rodriguez です~

前回の 【枯葉】 はいかがでしたか?(*^-^)

それでは今日もまた

「1枚引っぱりだしてみましょう♪」(^O^)


ゴソゴソ…


あ゛…あった…あった…(^-^)

【チャーリー・パーカー・オン・ダイアル Vol.1】
【チャーリー・パーカー・オン・ダイアル Vol.1】

♪ラヴァーマン/チャーリー・パーカー♪

これ、たまたま引っ張り出してきたので、中のライナーノーツを見ていたら…
なんと去る3/12は今回の主役、
チャーリー・パーカーの命日だったのだそうです…(^-人-^)

没後51年。

今だにアルト・サックスを志すヒトにとって、チャーリー・パーカーは不滅の巨人です。


なぜなら彼の残した演奏には名演が圧倒的に多いからでしょうね(^_-)-☆

それと彼の演奏はSPレコード時代のものが多いので
どんなに長くても1曲が3分台なんです。


だから「まずはどんな曲を吹こうかなぁ…」と考えた場合、
パーカーの曲は演奏時間が短いのでコピーしやすい…はず。
(演奏者&演奏の質は別として…(汗))


これがいきなし15分とか30分もの長尺モノでバリパリ吹かれてたりしたら…

「ヲイラにゃムリムリ!・⌒ ヾ(*´ー`) ポイ」

ですがな(笑)


3分くらいならば、楽譜が読めなくたって、

「いっちょ丸ごとコピーしてみるかぁ(⌒^⌒)b うん」

…ってなるでしょ?(^○^)

え゛?ならん?(^^;)…いや…なって( ̄人 ̄)オ・ネ・ガ・イ♪(笑)
   ↑
< ハイキングすらもしたことのないヤツが、いきなりチョモランマにアロハで挑むような、とんでもない発言であったことに気づくのはずっと後になってからであった…_| ̄|● 2007.7.19.追記 >




で・・・
今回選んだこの
♪ラヴァーマン♪ですが・・・。

チャーリー・パーカーにとっては、


「この世から抹殺したい!」


といふいわく付きの1曲なのです。



この曲を録音した当日、パーカーの体調は最悪で、

♪Lover Man♪、
♪Max Is Making Wax♪、
♪The Gypsy♪、
♪Bebop♪


の4曲を録音しているのですが…。

レコード会社「ダイアル」の経営者ロス・ラッセルが自分の著書の中にはこうあります。
---------------------------------------------------
パーカーは見るからに衰弱していた。

実はいつものヘロインの入手経路である密売人が警察にあげられ、
ヘロインが手に入らず禁断症状を起こしていたのだ。

パーカーはその苦痛から逃れるため浴びるほど酒を飲んで意識朦朧(もうろう)になっていた。

----------------------------------------------------

色々な諸事情があったのかも知れないけれど、
このロス・ラッセルもとんでもないヤツである。

デロデロのベロンベロンで歩くどころか立っているのすらままならないパーカーに薬(フィノバービタルが6錠)与えて無理矢理スタジオに引っ張り出したのだそーな(`´メ)

とにかくムチャクチャっす。

立っている事さえアヤシイ、要・緊急入院のオトコに、
無理矢理サックスを持たせての録音
っすよ。


事実、上記4曲を録音した直後、スタジオでぶっ倒れたらしいし、
更にパーカーは戻ったホテルでボヤ騒ぎを起こして狂人扱いされ…。

そのままLAにある刑務所の精神病棟に放り込まれ…。

その1週間後にはカマリロ州立精神病院に収容されてしまったんですわ。




とにかくそのベロンベロン状態で録ったのが今回の壮絶なまでの♪ラヴァーマン♪なのです。


パーカーはピアノのイントロに続いて入る筈でしたが、
キューを逸し何小節か遅れてやっと吹き始めるという…

それこそ
「NHK素人のど自慢」に出てくるおぢいちゃん、おばあちゃんのような体たらく。


意識不明のまま吹き込まれた彼のサックスは、
それこそボロボロ、かつ苦悶にのたうつような音です。


ですが!


「雀、百まで踊り忘れず!」


いや例えが悪すぎますが(;^_^A…


まさにパーカーは己の体に染み付いている

「反射神経のみ」意識の無いまま吹いた!

と言えるんです。


Rodriguezがこの♪ラヴァーマン♪を初めて聴いたのは、
その昔FM東京で毎週末の深夜午前3時から放送されていた
油井正一さんの番組【アスペクト・イン・ジャズ】での事。


油井さんの解説を聞いてから聴いたこの♪ラヴァーマン♪は、
それこそ頭から全身に氷水をぶっかけられたような、
背筋に震えがきました
よ…{{(>_<)}}…。

だって…

吹けるわけないぢゃん!!!

意識不明で!ラリラリで!




なのに…



吹いてんだよ!

このヒト!!!サックス!

這いずるようにしてでも…

(ノ_<。)



これで泣かないでどーすんのさ!(;へ:) てね。




パーカーは、この録音を世に出しちまったロス・ラッセルの事を相当怨んでいた。

そりゃ当然ですよね。
(まぁ色々と面倒もみてもらってたみたいなんだけどね…)



パーカーにしてみれば没後51年にもなるのに、いまだにこの忌まわしき吹き込みを引っ張り出されるのはイヤかも知れません。

でも!ヲイラは声を大にして言いたい!( ̄0 ̄)/!!


チャーリー・パーカーさん!



アナタはスゴイっ!



アナタはエライっ!


\(≧∇≦)/♪







さてさて次は何を聴こうかな?っとヾ(@~▽~@)ノ



それではみなさん!ご一緒に!

1番最初の「A列車」ばっかり乗らなくたって、乗り遅れたって…

何台乗り過ごしたって…

 ノレればOK!

 楽しきゃOK! の・・・



【J列車で行きましょう!】


 
では!マタネッ(^ー^)ノ~~Bye-Bye!

Take the "J" train !!!



by Rodriguez





「これ…聴いてみようかな…」と思ったら、クリック願います。
↑クリックするだけで人気blogランキングに投票完了です♪







「卵の殻の上を歩く男」の妙技!

...2006/03/11 23:59...

♪枯葉/マイルス・デイヴィス♪
<< J列車 9駅目~♪ >>

ども~(^O^)/ Rodriguez です~

前回の 【オー・プリヴァーヴ】 はいかがでしたか?(*^-^)

それでは今日もまた

「1枚引っぱりだしてみましょう♪」(^O^)


ゴソゴソ…


あ゛…あった…あった…(^-^)

【サムシン・エルス/キャノンボール・アダレイ】
【サムシン・エルス/キャノンボール・アダレイ】

♪枯葉/マイルス・デイヴィス♪

トランペットの甲高い音が嫌いっ!ヾ(`◇')
…って方もいますよね。


で・も・ね。 そぉ~んな方にこそぜひ!
このアルバムの1曲目の♪枯葉♪を聴いて欲しい。


マイルス・デイヴィスのミュートを付けたトランペットから、
誰でも耳なじみのある、あの♪枯葉よ....♪のあの1音が発せられた瞬間、
あまりに繊細な音色に

「はっ」

とする事でしょう(^・^)


このアルバムはマイルスが他社との契約の関係から、
アルトサックスのキャノンボール・アダレイ名義となっていますが、中身を聴いてしまうと、
実質的なリーダーはマイルス様だぜいっ!

てのが如実にわかってしまひます(^_^)


でも!そーんなこたぁ、どーでもいいっ!


中身ですよ!中身!


まさに「卵の殻の上を歩く男」と言われた、"帝王"マイルスによる…

ミュートトランペットの妙技を

とくと味わえっ!



If You Smell~ What "The KING" is Cookin'!(^_^)b





さてさて次は何を聴こうかな?っとヾ(@~▽~@)ノ



それではみなさん!ご一緒に!

1番最初の「A列車」ばっかり乗らなくたって、乗り遅れたって…

何台乗り過ごしたって…

 ノレればOK!

 楽しきゃOK! の・・・



【J列車で行きましょう!】


 
では!マタネッ(^ー^)ノ~~Bye-Bye!

Take the "J" train !!!



by Rodriguez





「これ…聴いてみようかな…」と思ったら、クリック願います。
↑クリックするだけで人気blogランキングに投票完了です♪







火の出るようなナベサダさんを味わえっ!

...2006/03/10 23:06...

♪オー・プリヴァーヴ/渡辺貞夫♪
<< J列車 8駅目~♪ >>

ども~(^O^)/ Rodriguez です~

前回の 【ユード・ビー・ソー・ナイス・トゥ・カム・ホーム・トゥ】
いかがでしたか?(*^-^)

それでは今日もまた

「1枚引っぱりだしてみましょう♪」(^O^)


ゴソゴソ…


あ゛…あった…あった…(^-^)

【チャーリー・パーカーに捧ぐ/渡辺貞夫】
【チャーリー・パーカーに捧ぐ/渡辺貞夫】

♪オー・プリヴァーヴ/渡辺貞夫♪

ナベサダさんです。ライブです。

曲は全てチャーリー・パーカーお得意の曲で構成されています。


♪オー・プリヴァーヴ(Au Prevave)♪
この曲はアルバム4曲目(LPだとB面1曲目(^_-)-☆)の
♪言い出しかねて(I Can't Get Started)♪での
ナベサダさんのアルトサックスソロに続けて始まります。


でも当初この曲は日野皓正(tp)を加えた、
他のリズムセクションとの合奏の筈でした。


ところがセッションを初めてみると日野皓正の調子が悪い...。

実は日野さんはこの時、唇を切ってしまっていて
思うようなリップコントロールができないというバッドコンディションにあったのです。


それを感じた貞夫さん、♪言い出しかねて♪でのソロから


「俺がソロで次も吹く!

 誰も入ってくるなっ!」



とばかり、まさに

 「なだれ込む」 

という表現がぴったりな程の勢いの、怒濤のソロをバリバリ吹き上げます!

いつ見ても温和に見えるナベサダさんですが、
ここでの貞夫さんのソロは凄まじいの一言。



驚いたのはステージ脇にいた他のメンバー。

なにせ、いきなり♪オー・プリヴァーヴ♪を貞夫さんが吹き出してしまっているんだから、慌ててステージにかけつける。

「ドタドタドタ~っ!」ていうメンバー達が慌てて飛び込んでくる足音がモロに入ってます。


だが、それでも頑なにソロをやめない貞夫さん。

ドラムの渡辺文男がチョコチョコっとブラシを鳴らしても、その音を押さえ込むようなソロ。

日野皓正が小さく合いの手のごとくペットを鳴らし


「ここにいますよ~」


てな感じで吹いても、更にそれに覆い被せるかのごとく、火の出るようなソロ。


物凄い緊張感が走ります。



最後は、貞夫さんも折れて(^◇^;)、メンバー5名での演奏になり大団円。

という事になるのですが、この日の演奏は実に素晴らしいもので、
Rodriguezとしては渡辺貞夫さんの数あるアルバムの中でも最も好きな1枚です。



フュージョンぽいものや、アフリカンミュージックっぽいもの等、
多面性がある渡辺貞夫さんですが、
彼のジャズのルーツは間違いなくアルトサックスの巨人、
チャーリー・パーカーなのです。


渡辺貞夫さんがチャーリー・パーカーの曲を吹いている時、
1番美しい音色が出ているように感じてしまうのはRodriguezだけぢゃない。と思うんだよね~♪


ところでこのアルバム。
現在CD販売してないみたいですね。

現在、ヲイラのバイト先 にこのLPを持って行っているので、
アキバが近いヒトはぜひ一度聴きにきてね!(^O^)/
(現在ヲイラは、火曜・金曜・日曜の担当です~ m(__)m)

聴かれた皆さん、感嘆の声をあげられます♪

とても1969年の録音とは思えない音がしまっせ!(^_-)-☆




さてさて次は何を聴こうかな?っとヾ(@~▽~@)ノ



それではみなさん!ご一緒に!

1番最初の「A列車」ばっかり乗らなくたって、乗り遅れたって…

何台乗り過ごしたって…

 ノレればOK!

 楽しきゃOK! の・・・



【J列車で行きましょう!】


 
では!マタネッ(^ー^)ノ~~Bye-Bye!

Take the "J" train !!!



by Rodriguez





「これ…聴いてみようかな…」と思ったら、クリック願います。
↑クリックするだけで人気blogランキングに投票完了です♪







飛んで帰りたくなるほどステキなアナタ♪

...2006/03/09 02:39...

♪ユード・ビー・ソー・ナイス・トゥ・カム・ホーム・トゥ/ヘレン・メリル♪
<< J列車 7駅目~♪ >>

ども~(^O^)/ Rodriguez です~

前回の 【クール・ストラッティン】 はいかがでしたか?(*^-^)

それでは今日もまた

「1枚引っぱりだしてみましょう♪」(^O^)


ゴソゴソ…


あ゛…あった…あった…(^-^)

【ヘレン・メリル with クリフォード・ブラウン】
【ヘレン・メリル with クリフォード・ブラウン】

♪ユード・ビー・ソー・ナイス・トゥ・カム・ホーム・トゥ/ヘレン・メリル♪

Rodriguezがトランペットにハマり出した頃、
『不世出のトランペッター』やら『天才トランペッター』というと必ずや

「クリフォード・ブラウン」

という名のトランペッターの名前が出てきて気になっていた。


そんな時、いきつけのレコード店で入荷してきたのがなんと!
『クリフォード・ブラウン特集』(←だったかどうか忘れた(^◇^;))
という一連のクリフォード・ブラウンのLP廉価盤。
当時 ¥1,500.-/枚。
     ↑
今考えるとそれでも高かったよなぁ~(・_・、)


「おっ!(^o^)これはまさしく神の啓示!買えっ!集めろ!」


と、まあ買いまくりました。



その中で何枚かクリフォード・ブラウンがバックに回っている女性ヴォーカルものがありまして、これがその中でも最高の一枚(^_^)b


ご覧のように

ジャケットも最高!

なのです(^_-)-☆




2曲目に入っている

♪You'd Be So Nice to Come Home To♪

を聴いて、惚れましたよ。マジで(*^^*)

超ハスキーヴォイスなヘレン・メリルと、
「伴奏」だ「サイドメン」だという概念をぶっ壊してくれる程、
素晴らしいクリフォード・ブラウンのトランペットに! \(^O^)/



てっきりこのブラウンのソロはアドリブではなく譜面があるのかと思いました。

そしたらなんと!アドリブ演奏だっていうぢゃあーりませんか!!!.。ooO(゜ペ/)/



何げに聴くときっと気づきませんよ。
あまりに流麗でスムースかつメロディアスなアドリブなので。



そして本アルバムのアレンジャーは、
あのクインシー・ジョーンズ

なに?【オースティン・パワーズ/ゴールドメンバー】のオープニングで指揮してた事しか知らん?あ...あのね...(¨;)


まぁいいか(;^_^A…

とにかく、
この曲(アルバム)一発で超メジャーとなったヘレン・メリルさん、


『ニューヨークのため息』


なーんてなキャッチまでついちゃいました(^・^)


ちなみにこの曲、今でもしょっちゅうCMなんかに使われる事が多いので、
きっとアナタも1度はお耳にした事があるかと思いますぜ(^_-)-☆




実はヲイラも最近まで知らなかったんだけど…
この
♪You'd Be So Nice to Come Home To♪
の邦題は
♪帰ってくれれば嬉しいわ♪
となってました。
(Rodriguezもずぅぅぅっとそう憶えてました(・Θ・;)…)



だけどこの邦題…


「とんでもない誤訳」


として有名らしい。(^▽^;)


正確には
♪飛んで帰りたくなるほど素敵なアナタ♪みたいな意味らしいです(;^_^A…


を゛い゛っ!

全然意味あい違うぢゃん!(汗)



あたしゃずぅぅぅっと。

「失恋の唄」

と信じて疑わなかったがな('〇';)


ホントはめちゃHappy\(^o^)/な内容だったのねん(/ω\)






さてさて次は何を聴こうかな?っとヾ(@~▽~@)ノ



それではみなさん!ご一緒に!

1番最初の「A列車」ばっかり乗らなくたって、乗り遅れたって…

何台乗り過ごしたって…

 ノレればOK!

 楽しきゃOK! の・・・



【J列車で行きましょう!】


 
では!マタネッ(^ー^)ノ~~Bye-Bye!

Take the "J" train !!!



by Rodriguez





「これ…聴いてみようかな…」と思ったら、クリック願います。
↑クリックするだけで人気blogランキングに投票完了です♪







お洒落な女性が街を行く♪

...2006/03/08 20:10...

♪クール・ストラッティン/ソニー・クラーク♪
<< J列車 6駅目~♪ >>

ども~(^O^)/ Rodriguez です~

昨日はお店でうちの店長が3/5のコンサート会場で購入した、秋吉敏子さんの新譜(秋吉さん、タバキンさんからサインをもらった…というものです)【ホープ】を聴かせてもらいました。
d(⌒ー⌒)

このCDのメンツはコンサートの時と同様、ジョージ・ムラーツ(b)さん、ルイス・ナッシュ(ds)さんが加わってます。
(ルー・タバキンさんは不参加です)

コンポーザーとしての印象が強い秋吉さんですが、このCDでは「ジャズピアニスト秋吉敏子」として精力的にピアノを弾いている、「今」の彼女がありました。(^_-)-☆
生の秋吉さんを聴いたばかりなので、それがよぉぉぉくわかりました~♪




さて前回の 【カメレオン】 はいかがでしたか?(*^-^)

それでは今日もまた

「1枚引っぱりだしてみましょう♪」(^O^)


ゴソゴソ…


あ゛…あった…あった…(^-^)

【クール・ストラッティン/ソニー・クラーク】
【クール・ストラッティン/ソニー・クラーク】

♪クール・ストラッティン/ソニー・クラーク♪

世に『ジャケ買い』という言葉がありまする。

中身を聴かず、演奏しているアーティストにもこだわらず、レコードジャケットの素晴らしさに惹き付けられてLPレコードを購入する事なんですよね。
(今ならばCDを購入。。。ですが、イマイチインパクト薄いですなぁ…( ´ω`X)


いわゆる『ジャケットで買う』から『ジャケ買い』



高校時代のRodriguezはほぼ毎日あちこちのレコード屋へ、、、

それも店内でJazzのかかっている渋谷や新宿の主として輸入レコード店へいりびたっていました。


勿論、LPを購入するお金があるわけではなく、レコードを探すフリをして 店内でかかっているLPをチェックしたり、聴き惚れたり、


「ダメだこりゃ~ついてけなひ…(T^T)」


などと、早い話がタダでJazzを聴くために毎日、毎日、違う店を転々としていたわけである(;^_^A…

1つの店に毎日通ってしまうと、いつかは店員から


「買えよ」


と言われるのではないか?~~~ヘ(゜曲、゜;)ノ~

と、ビクビクしていたのである。嗚呼。。。小心者σ(^◇^;)



ところがこの【クール・ストラッティン】こそは、レコード店で手に取った瞬間に


「これ、、、買う!欲しいっ!」


と、なけなしのお金をはたいて、生まれて初めて『ジャケ買い』をしたというシロモノなのであります。


格好良いでしょ?(∩.∩) このジャケット。
しかもこのアルバム、演奏自体も誠に格好良い!(^_^)b


1曲目の♪クール・ストラッティン♪なんか、まるでこのジャケットに写っているスリットスカート(?)の女性が闊歩している姿が目に浮かぶかのよう(^・^)


1958年の録音だそうですが、今聴いてもソニー・クラークのピアノと絡む、ジャッキー・マクリーン&アート・ファーマーの2管の粋なこと、Cool!なこと!


『初めてのおつかい』。。。(^_^;)。。。ぢゃなかった、、、

『初めてのジャケ買い』でこの超名盤を引いたRodriguezが、調子に乗ってジャケ買い人生に走ったのは言うまでもない(;^_^A…





さてさて次は何を聴こうかな?っとヾ(@~▽~@)ノ



それではみなさん!ご一緒に!

1番最初の「A列車」ばっかり乗らなくたって、乗り遅れたって…

何台乗り過ごしたって…

 ノレればOK!

 楽しきゃOK! の・・・



【J列車で行きましょう!】


 
では!マタネッ(^ー^)ノ~~Bye-Bye!

Take the "J" train !!!



by Rodriguez





「これ…聴いてみようかな…」と思ったら、クリック願います。
↑クリックするだけで人気blogランキングに投票完了です♪







そろそろ来る!カ・メ・レ・オ・ン♪

...2006/03/06 23:59...

♪カメレオン/ハービー・ハンコック♪
<< J列車 5駅目~♪ >>

ども~(^O^)/

昨夜は…
【秋吉敏子&ルー・タバキン・スーパーカルテット】のコンサートをラッキーにも聴きに行けてHappy!\(^o^)/気分の
Rodriguez です~

いや~やっぱ…

「生」はいいっ!

思わずヲイラも
o(^∇^〃)o Hustle! Hustle! o(〃^∇^)o フォ~!!!ヽ(゜∇゜)ノ


昨夜のライブの一部はCDにもなるそうなので必聴!ですぜ!
(^_-)-☆



さて前回の 【ウォーキン】 はいかがでしたか?(*^-^)

それでは今日もまた

「1枚引っぱりだしてみましょう♪」(^O^)


ゴソゴソ…


あ゛…あった…あった…(^-^)

【ヘッド・ハンターズ/ハービー・ハンコック】
【ヘッド・ハンターズ/ハービー・ハンコック】

♪カメレオン/ハービー・ハンコック♪

このアルバムがRodriguezのJazz LPレコード買いまくりのきっかけ。

まさにターニングポイントつーかトリガーと言えるアルバムなのです(^▽^)



当時高校生だったRodriguez、ある日同級生がタマタマ学校に持ってきていて、なんとなく貸してくれたこのアルバム。

借りる時に聞いたのが…


「これ誰?(^◇^;) ロックの人?え?ジャズ畑の人?でもジャズとも言えない???」


ヲイラにしてみりゃ、まさにワケワカメ、(゜Д゜) ハア?? なのでした。



だって…それまで Rodriguez がハマっていたのは・・・

「ロッド・スチュアート&フェイセズ」「ディープパープル」

だったのである。

「ハービー・ハンコック」なんつーお人は知る由も無かったのである。



ところが家に帰って LPレコードに針を落としてみて、びっくり!
(ノ゜⊿゜)ノ

1曲目の ♪カメレオン♪ が流れてくるやいなや
ノリノリ状態に陥ってしまったのである。

いや…「カメレオン」って言ったって、
ピンクレディの「カメレオンアーミー」ぢゃないですぜ(^^;)ダンナ



えらく単純明快なれど、ファンクビート&16ビートに乗せてハービーのエレクトリックピアノがとるアドリブ。

時を忘れて何度も何度もアルバムを聴き返すハメに(^^;)


もうどうにもとまらない!
     ↑
 (「山本リンダ」や「W(ダブルユー)(爆)」ぢゃないですが…)


なんともユーモラスでHappy!\(^_^)/なサウンドなのである。


以来ハービー・ハンコックの過去のアルバム、新譜を買いまくりましたよぉ~

そこで初めて、彼が過去にモダンジャズ界で新主流派と呼ばれるマイルス・デイヴィス門下生である事を知ったのですわ。


Rodriguezのジャズへの傾倒がそこから始まってしまったのよね...。





さてさて次は何を聴こうかな?っとヾ(@~▽~@)ノ



それではみなさん!ご一緒に!

1番最初の「A列車」ばっかり乗らなくたって、乗り遅れたって…

何台乗り過ごしたって…

 ノレればOK!

 楽しきゃOK! の・・・



【J列車で行きましょう!】


 
では!マタネッ(^ー^)ノ~~Bye-Bye!

Take the "J" train !!!



by Rodriguez





「これ…聴いてみようかな…」と思ったら、クリック願います。
↑クリックするだけで人気blogランキングに投票完了です♪







粋なリズムで横断歩道を渡りましょ♪(・ε・ )

...2006/03/05 14:22...

♪ウォーキン/マイルス・デイヴィス♪
<< J列車 4駅目~♪ >>

ども~(^O^)/ Rodriguez です~


前回の 【テイク・ファイブ】 はいかがでしたか?(*^-^)

それでは今日もまた

「1枚引っぱりだしてみましょう♪」(^O^)


ゴソゴソ…


あ゛…あった…あった…(^-^)

【ウォーキン/マイルス・デイヴィス・オールスターズ】
【ウォーキン/マイルス・デイヴィス】

♪ウォーキン/マイルス・デイヴィス♪

ウォーキンである。

なんてたって マイルス! なのである。
なんてたって ジャケットがナイス! なのである(≧∇≦)ъ

このジャケットがもしも日本の信号機だったら台無しです(笑)


Rodriguez がいったいいつ頃初めてこの曲を耳にしたのか?
実は…全く憶えていないのよ (;^_^A…


知らないうちに耳に、脳裏に焼き付いていたんですね~♪

恐らくはAMラヂオから流れていたものが、
自然に頭の中にこびりついて離れなくなっていたのでしょう。

そのくらい例によって

【格好良かった!】

のですよ(^_-)v この曲が。


この ♪ウォーキン♪
イントロからしてめちゃCool!!!(゜ー゜☆ なのである。


まるで...


格好良いとはこういうことよ…
  (* ̄ ̄ ̄ー ̄ ̄ ̄)フッ

    ↑
  マイルスはこんなにカオでかくないっす…


と苦み走ったギョロ目のマイルスが、アノしゃがれた声で、鋭く、語っているかのようである。



嗚呼…いつの日かこんな風にペットが吹いてみたい!
 (* ̄。 ̄*)」


と、無謀にもRodriguezに思わせてしまった罪深き1曲でもあります。。。吹けなかったけど(爆)



そうそう。
この【ウォーキン】とは別ですが、マイルスは「'n」がつくタイトルアルバムを一時期続けざまにリリースしています。
現在進行形シリーズですな(笑)

実はこれ、マイルスが1956年、CBSと契約をするため、
わずか2日間だけで4作分を完成させたといううちの1枚で、
この4部作は「マラソンセッション」と呼ばれてます~(^_-)-☆)

【Workin'】 【Cookin'】 【Relaxin'】 【Steamin'】の4作で、
どれも素晴らしい出来ですよ d(>_・ )!





さてさて次は何を聴こうかな?っとヾ(@~▽~@)ノ



それではみなさん!ご一緒に!

1番最初の「A列車」ばっかり乗らなくたって、乗り遅れたって…

何台乗り過ごしたって…

 ノレればOK!

 楽しきゃOK! の・・・



【J列車で行きましょう!】


 
では!マタネッ(^ー^)ノ~~Bye-Bye!

Take the "J" train !!!



by Rodriguez





「これ…聴いてみようかな…」と思ったら、クリック願います。
↑クリックするだけで人気blogランキングに投票完了です♪







「5拍子Jazz」 は ゴジラに通ず?

...2006/03/04 15:34...

♪テイク・ファイブ/デイヴ・ブルーベック♪
<< J列車 3駅目~♪ >>

ども~(^O^)/ Rodriguez です~


前回の【ダニー・ボーイ】はいかがでしたか?(*^-^)

それでは今日もまた

「1枚引っぱりだしてみましょう♪」(^O^)


ゴソゴソ…


あ゛…あった…あった…(^-^)

【タイム・アウト/デイヴ・ブルーベック・カルテット】
【タイム・アウト/デイヴ・ブルーベック・カルテット】

♪テイク・ファイブ/デイヴ・ブルーベック・カルテット♪

このアルバムのピアニスト、デイブ・ブルーベックと、サックスのポール・デスモンドの名前を知らない人でも、
3曲目に出てくる ♪テイク・ファイヴ♪のイントロを聴けば間違いなく


「あ…これ聴いたことがある!」


と思うであろう、1曲であります(*^^*)

Jazzでも珍しい5拍子を使った独特のリズム、そしてエキゾチックなムード。
一度耳にしたら絶対に忘れないですよね。この曲(^_-)-☆



Rodriguezがこの曲を初めて耳にしたのは、家のちっこいAMラヂオから流れてきた時でした。
(確か…久米宏と平野レミの2人が、けたたましくやってた夕方のラヂオ番組の合間に流したのを聴いたんだと思う)

当時小学生の3年だか4年生くらいの時ではなかったかと思います。
そう、「幼少のみぎりに。。。」ってやつである(爆)

”ジャズ”って言葉を知っていたかどうかも怪しいもんである。

いや、たぶん知らなかったと思ふ(;^_^A …


なのにこの曲を聴いた瞬間、ラヂオに釘付けになっちゃったのですよ。
子供ながらにこの曲の独特のリズムとリフに面白さを憶えちゃったんですね。


「お゛ぉ~~~なんだかわからんが格好良いぞぉーーー!
ヽ(^o^)丿」


ってね(^_-)-☆



今聴いてもこの曲のユニークさ、インパクトは少しも衰えていません。
Jazzの楽しさを教えてくれた、「はじめの一歩」の曲なのであります。




映画絡みで5拍子の曲と言えば、、、
トム・クルーズ演ずるイーサン・ハントでおなじみ。
2006年中にシリーズ3作目が公開予定となっている…

【ミッション:インポッシブル】:ブライアン・デ・パルマ 監督

【M:I-2】:ジョン・ウー 監督

のテーマ曲が真っ先に浮かびます(^_-)v

もっとも Rodriguez世代ではこの曲…
【スパイ大作戦のテーマ】 と言うんですが(;^_^A…


それから邦画でもありますよ~♪有名な5拍子の曲が!


それは、、、

【ゴジラ】:本多猪四郎 監督

のテーマ曲ですo(*^▽^*)o

伊福部明さんの作曲による、かの有名なゴジラのテーマ
これ見事に5拍子です。

ね?(^_-)-☆
そう言われればゴジラのテーマって独特で印象的なリズムですよね?

伊福部さんは、【ゴジラ】の他にも…
【大魔神】、【座頭市】、【ビルマの竪琴】等々、数々の映画音楽を手がけてます。





さてさて次は何を聴こうかな?っとヾ(@~▽~@)ノ



それではみなさん!ご一緒に!

1番最初の「A列車」ばっかり乗らなくたって、乗り遅れたって…

何台乗り過ごしたって…

 ノレればOK!

 楽しきゃOK! の・・・



【J列車で行きましょう!】


 
では!マタネッ(^ー^)ノ~~Bye-Bye!

Take the "J" train !!!



by Rodriguez





「これ…聴いてみようかな…」と思ったら、クリック願います。
↑クリックするだけで人気blogランキングに投票完了です♪







「ビクター・立体レコード」ぉ!?(・_・?)

...2006/03/03 23:59...

♪ダニー・ボーイ/ハリー・ベラフォンテ♪
<< J列車 2駅目~♪ >>

ども~(^O^)/ Rodriguez です~


さぁてそれでは~♪

「1曲いってみましょう♪」(^O^)


ゴソゴソ…


あ゛…あった…(*^-^)

【ダニー・ボーイ/ハリー・ベラフォンテ】
【ダニー・ボーイ/ハリー・ベラフォンテ】

♪ダニー・ボーイ/ハリー・ベラフォンテ♪
 ・
 ・
 ・
 ・
 ・
え゛?(^▽^;)

「ハリー・ベラフォンテは、Jazzぢゃないだろ?」って?(^^;)


た・・・確かに・・・^^;

ジャズで名演奏が数々ある♪ダニー・ボーイ♪の中で、
Rodriguezが最初に選曲したのが、

何故 ”ハリー・ベラフォンテの”なのか?




実はヲイラ…
どーーーしても!1曲目はこれぢゃないとダメなんですわん。


Rodriguezが生まれて初めて聴いて、
何唄ってるかわからなくても...

「良い曲だなぁ~(^・^)」

と、子供心に感じ、憶えたのがこの

ハリー・ベラフォンテが唄う♪ダニー・ボーイ♪

だったからなのであります。
(1959年4月。NYカーネギー・ホールでの実況録音からのシングルカット盤なのです)



Rodriguezが幼稚園だか、小学1年だかの頃、当時の家にあったポータブルの電蓄(←表現が古いのぉ~(;^_^A…)で、母がかけてくれたシングルレコードのA面が、このベラフォンテの唄うダニー・ボーイだったのですわん。


本当にレコードが擦り切れてしまうまで聴きましたよ。

そして、そのかな~り磨耗したシングルレコード。
ちゃ~んとコレだけは今でも持ってるのです。


それがコノ写真のシングル盤。というワケでして。。。

ヲイラが13歳の時に突然他界してしまった我が母の思い出…。
みたいなものなんです(^_-)-☆


【ダニー・ボーイ/ハリー・ベラフォンテ】


【ダニー・ボーイ/ハリー・ベラフォンテ】


【ダニー・ボーイ/ハリー・ベラフォンテ】

 ↑
それにしても今更ながらスゲー年代を感じさせる風情ですな
(・Θ・;)…(ボロボロでんがな)


なんてったって…

「ビクター・ステレオ(立体)レコード」

ですぜ。ダンナ(笑)





とにかく、今聴いても、とってもセンチメンタルな気分に浸れる特別な曲なのであります。

深夜、皆が寝静まった頃に聴く1曲としてもピッタリです(^_^)b



このB面は♪ママ・ルック・アット・ブーブー♪ という曲です。

子供心に「ブーブー」という部分に親しみを感じ、萌えました(笑)




この♪ダニー・ボーイ♪という曲、結構好んで色々なJAZZミュージシャンが唄ったり、演奏したりしていますが、映画作品の中でも良く使われます。


ちょっと思い出すだけでも、、、

【メンフィス・ベル】:マイケル・ケイトン・ジョーンズ監督

【ブラス!】:マーク・ハーマン監督

【ファミリービジネス】:シドニー・ルメット監督

といった作品で出てきてますね(^_-)-☆


あ゛…そうそう!
TVのCFにも良く使われてますね。
昔、インスタントコーヒーの「ブレンディ」のCFでも使われてたっけ。





さてさて次は何を聴こうかな?っとヾ(@~▽~@)ノ



それではみなさん!ご一緒に!

1番最初の「A列車」ばっかり乗らなくたって、乗り遅れたって…

何台乗り過ごしたって…

 ノレればOK!

 楽しきゃOK! の・・・



【J列車で行きましょう!】


 
では!マタネッ(^ー^)ノ~~Bye-Bye!

Take the "J" train !!!


by Rodirguez


  






J 列車で行こう!d(⌒ー⌒)

...2006/03/02 21:48...

<< J列車 1駅目~♪ >>

はじめまして~♪(^O^)/

わたくし 「Chihiro Rodriguez」 でおぢゃります!
ペコm(_ _;m)三(m;_ _)mペコ


少し前にレンタルDVDで 【スウィングガールズ】 を観ました♪




あ゛!そーです!それです!


「ジャズやるべ♪」


ってやつですよ(^_-)-☆



スウィングガールズ





これがギャグはムチャクチャ「ベタベタ!」なんですが…
(あの 【ウォーターボーイズ】 の矢口史靖 監督なんで納得!)

出てくる女の子達がホントにスイングを演奏してるワケでして、
ラストなんざ最高に泣けてきちゃいました(ノ_<。)うっうっうっ…



んで!
突如、昔々ジャズ喫茶でバイトしてた頃から、ン10年、
ブスブスと火が消えずに残っていた「種火」が引火した!ワケです(^▽^)




そしたらなんたることかバイト先のアキバのお店に、
180万円もするアナログディスクプレーヤー
も設置されちゃうとゆー。。。

(ノ゜⊿゜)ノびっくり!!


お゛~~~こりゃまるで・・・

「神の啓示」のよーなタイミング!(爆)




家のアナログディスクプレーヤーはとうの昔に片付けちゃってるから…

ここぞとばかりにバイト先にせっせと手持ちのLPを持って行き、
タマタマ来店したお客さんは、ヲイラの持ってきた昔のアナログディスクの餌食…いやさご一緒にタイムスリップさせちゃうワケでして(笑)



もはやこーなりゃお店は「ジャズ喫茶」いえいえ「レコード喫茶」状態だぁ!!!
(注:うちのお店はお茶出ませんし、禁煙です(爆)
 だって…オーディオアクセサリー&健康食品のお店だもん(^^;))





やぱアナログディスクの音はCDと違う。
一言で言えば「音がつながってる」感じ。心地良いんだよ~♪
(でもCDに戻すとコレもまたアリ。なトコロが面白かったりして)


どれどれ今日はどれを聴こうかな?っとヾ(@~▽~@)ノ←仕事しろよ



それではみなさん!ご一緒に!

1番最初の「A列車」ばっかり乗らなくたって、乗り遅れたって…

何台乗り過ごしたって…

 ノレればOK!

 楽しきゃOK! の・・・



J列車で行きましょう!】


 
いざ! Take the "J" train !!!


by Rodirguez


  










CALENDER
02 ⇔ 2006/03 ⇔ 04
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -
ご来訪の証に1クリックしてね!

ご訪問心より感謝致します(-人-)

「また覗いてみよっかな?」と、もし思っていただけたならば、ぜひこちらのバナーを1クリックしてください。大変今後の励みになりますです~(o*。_。)o


「また覗いてみよっかな?」

…と思っていただけた方は、ぜひ上のバナーをポチっとお願いします!

今日の一番人気!旬!素敵!な
ジャズ専門 blog がわかります!

1クリックで投票完了です(^_^)b

あなたの温かい1日1ポチっ!が
私にとって今後の励みとなります!
(o*。_。)o

-----------------------
また
「紹介していた曲聴いたよ!(^∇^)」
「このアルバムはここも聴きどころだよ!」
「○○さんのこの曲も良いよ!」
といったコメント・ご感想など頂戴できると大変嬉しいです~m(__)m

from Rodriguez


リンク
このブログをリンクに追加する
最近のコメント
最近のトラックバック
RSSフィード


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。